「なりたかった自分」になるのに、遅すぎることなど決してないのだ。

ジョージ・エリオット