「現実を認めたくない」自分がいて、「現実を受け入れろ」という自分もいる。
現実を認めなければ今を生きることができないですから。

ケイスケ・ホンダ