ドアの向こうに夢があるなら、ドアがあくまで叩き続けるんだ。

矢沢永吉