君主たるものは、才能ある人材を登用し、その功績に対しては、十分に報いることも知らねばならない。

マキャヴェッリ