親友も夢もない、そして、今は輝いていない。それはそれで幸せじゃないか。

高田延彦