苦しい時、どん底の時にこそ、過激に生きなければならない。

アントニオ猪木