安全とは

思いこみにすぎない場合が多いのです。

現実には安全というものは存在せず、

子供たちも、誰一人として

安全とは言えません。

危険を避けるのも、

危険に身をさらすのと同じくらい

危険なのです。

人生は危険に満ちた冒険か、

もしくは無か、

そのどちらかを選ぶ以外にはありません。

 

ヘレン・ケラー