『弱ェと言われてとりみだす奴ァ 自分で弱ェと認めてる証拠だ』

ドン・クリーク