『このおれをバカと呼んでいいのはそれを決めたおれだけだ』

ロロノア・ゾロ