何度も何度も何度も、諦めかけては踏ん張って進んだの。氷を砕くように。

藤堂吟