誰のためでもない。自分自身の祈りのために、戦い続けるのよ。

暁美ほむら