色々なイデオロギーがあって、価値観がある。その全ての部分に突っ込めるような“余地”は残しておきたい

井上陽水