物語はここから始まるのだ。

手塚治虫