最後まで努力をするってのが、本当の生き甲斐ではないでしょうか。

手塚治虫