今ここで自分が描かなければ誰が描くんだろう。

手塚治虫