私の生涯において、郵便料金に値する手紙は一つか二つだった。

ソロー