何とも思われないよりは嫌われるほうがマシ、好きに変わる可能性が残っているから。

明石家さんま