僕は幸せになる為に生まれてきたんだ。

時透無一郎