転ぶのは恥ではない。
転んだままでいるのが恥なのだ。
そして転ぶ勇気がないものは自らを恥じるべきである。

ドイツのことわざ