勝敗を決定するのは、「ただの一手」であったりする。絶妙の一手。あるいは絶妙に見えて最悪の一手

 

羽生善治

 

見落としがちなところに勝因も敗因もある事が分かってないと局面を見失ってしまいます