俺自身が俺って本当に生きてていいのかな?って毎日考えてたから 逆に少なくとも君がいないと俺は寂しいよって伝えることができたらいいなって思うんだ。

佐藤裕紀